ウェブページ

無料ブログはココログ

Site Info ・ コンテンツ(目次)

« 米糠(こめぬか)は何でもよいのか? | トップページ | 無農薬バラ栽培用の肥料 »

無農薬栽培のバラにはカニガラとキトサンが効果あり!?

 バラを始め、芝生(しばふ)やいろいろな植物の病気、特に植物の病気のほとんどはカビの仲間が原因で発生します。

 で、活性剤系で効くものは無いのかといえば、キトサンが割とよく効きます。

 キトサンは cancer カニの加工場で身を取り除いた、蟹(かに)の殻(から)、つまりカニガラを原料にして作られます。

 医療分野では欠かせないものとなっていますが、今日のガーデニングでも無農薬栽培では、必要なものとなっています。

 で、このカニガラからガーデニング用に作られたのが、キトサン溶液スーパーグリーンです。

 キトサンは植物にも働き、病害虫に対する抵抗力(ていこうりょく)を付けてくれることでもしられていますが、もうひとつ大事な効果があります。

 それは、キトサンは植物にとって良い働きをする、細菌(さいきん)の仲間の善玉の放線菌(ほうせんきん)です。*ちなみに細菌とは、バクテリアともいいます。

 細菌は以前は、細胞膜の外側に細胞壁があるので、植物の仲間といわれていましたが、現在では細菌は動物でも植物や菌類(カビなど)でもなく、これらとは違う独立した「細菌グループ」として扱われています。

 また、放線菌自体も、カビと細菌の中間の生き物とされてきましたが、近年の遺伝子DNA解析(ディーエヌエーかいせき)により、細菌の1種とわかりました。

  キトサンが効く理由ですが、この善玉放線菌の餌(えさ)となりまして、これを食べて、ものすごくたくさんの数に増えるのです。

 そして、増えた善玉放線菌が「キチナーゼ」という、キチン質を分解する酵素(こうそ)を出します。

 そうなると、バラや植物に病気を起こす病原性のカビは、体がキチン質でできているので、キチナーゼにより、分解されて、粉々になってしまうのです。

 見事バイ菌のカビはいなくなりました。

 めでたし、めでたしと、なるのですね。

 ところで、その善玉放線菌というのはどこに居るのかといえば、それは自然界にあちこちいます。

 もちろん土の中にもいます。

 また、バーク堆肥や腐葉土(ふようど)の中にも居ます。

 ですが、数が少ないのですね。

 なので、なにもしなくては、カビ病を防ぐだけ増えてくれません。

 そこで、カニガラやキトサンを使い、善玉放線菌を増やして、丈夫(じょうぶ)にして、病気を防いだり、早く治るように手助けすることが大切となるのですね。

 cancerのキチン質を使うと生育がよくなるのは、こういった理由なのですよ。

     cloudraincloud

     cancer budwink    

« 米糠(こめぬか)は何でもよいのか? | トップページ | 無農薬バラ栽培用の肥料 »

バラの活性剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米糠(こめぬか)は何でもよいのか? | トップページ | 無農薬バラ栽培用の肥料 »

最新バラ苗のご案内です!

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Rose Life Safety 

  • ウイルスバスターロゴ